ぷよぐやみんぐ日記

@nemu_souのぷよぐやみんぐ日記 雑記

fish shellインストールからanyenvまで on ubuntu17.04

fish shellインストールからanyenvまで on ubuntu17.04


why fish

ubuntu17.04を仮想環境で構築している時に, twitterでfishいいぞ電波を受信したのでfishを始めてみた.

Friendly Interactive SHellの略らしいのでとてもフレンドリー.

why anyenv

こちらも環境構築時に耳にしたのでやろうと思った.


fishのインストー

versionを考えないのであれば何も考えずにapt-get installできる.

$ sudo apt-get install fish

fishのカスタマイズ

fishの設定ファイルであるconfig.fish(bash.bashrcみたいなもの)は,

~/.config/fish/config.fish

にある.

proxyの設定が必要な場合は, 任意のエディタでconfig.fishを開いて環境に合わせて以下を書き込む.

set --export http_proxy http://proxy_name:port
set --export https_proxy http://proxy_name:port
set --export ftp_proxy http://proxy_name:port

anyenvのインストー

https://github.com/riywo/anyenv
上記リンクのREADMEを参考に進める.
上記の想定shellがbashなので若干違うことに注意.

$ git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv
$ echo 'set --export PATH  "$HOME/.anyenv/bin" $PATH' >> ~/.config/fish/config.fish
$ exec $SHELL -l   # shellの再起動

**envのインストー

今回はpyenv, goenvをインストールした.

$ anyenv install pyenv goenv

config.fishを開いて以下を書き込む.

# pyenv 
set -x PYENV_ROOT "$HOME/.anyenv/envs/pyenv"
set -x PATH $PATH "$HOME/.anyenv/envs/pyenv/bin"
# ここから下にterminalで"pyenv init - fish"と打って出たものを書き込む
### *** ###

# goenv
set -x GOENV_ROOT "$HOME/.anyenv/envs/goenv"
set -x PATH $PATH "$HOME/.anyenv/envs/goenv/bin"
set -x PATH $PATH "$HOME/.anyenv/envs/goenv/shims"
command goenv rehash 2>/dev/null

python, goをインストールする.(2017/5/10現在の最新(?))

$ pyenv install 3.6.1
$ pyenv global 3.6.1
$ pyenv rehash
$ goenv install 1.8.0
$ goenv global 1.8.0
$ goenv rehash
$ exec fish

versionの確認

$ python --version
Python 3.6.1
$ go version
go version go1.8.0 linux/amd64

参考