ぷよぐやみんぐ日記

プログラミングかなにかについて書きます

逆求人行ってきた

この記事はICT Advent Calendar 2018の9日目の記事ですになる予定だったものです.

docs.google.com

人はなぜ締め切りをブッチするのでしょうか.
ごめんなさいごめんなさいゆるしてください.

前の日の記事について触れるやつ(今日は12月9日なので)

matetya.hatenablog.com

マテ茶先輩の素晴らしい記事に胸を打たれました.
これが文才というものでしょうか.
いつかはこのような文章が書けるようになりたいです.

はじめに

この記事はこの時こんな気持ちだったなという回想をして書いた感想文です.
さらに深夜に書いた文章なので読みづらさレベルが高い可能性があります.

きっかけ

ICT委員会の人の就活といえばジースタイラスの逆求人.
そんな雰囲気さえ感じさせるほど先輩方が参加しています.
今年もマテ茶先輩やうしお先輩が逆求人よいというようなことを仰っていました.
11月中旬. 就活どうしよみたいな気持ちだった僕はとりあえず逆求人のサイトに登録しました.

激動の2週間の始まりです.

逆求人当日まで

11月20日

 登録から数日後, 逆求人の方と面談がありました. 内容は, 今までやってきたこと・どんなことに興味があるか・逆求人についての説明などでした.
 僕の中のそれまでの逆求人のイメージはプロコンみたいにデモブースのようなところでやるイメージでしたが, 実際は机を挟んで対面して座ってやる感じでした.
 たまたま興味ありげなバックエンド向けの逆求人が12月1日にあると聞いた僕は勢いで面談中に参加申し込みをします. バックエンド逆求人が一度しかないかつ参加締切がその日だったので(限定物に弱いことがわかる).

11月21日~11月25日

 少しして参加決定メールが来ます. (逆求人は選抜制(確か))
 逆求人に参加が決定した時点で2週間をきっている意味不明な状況です. 死ぬ気でやらないと死にます.
 逆求人では企業の方に面談をしたいと思ってもらうためにプロフィールページを作る必要があります. 期限は最初の面談から5日後でした. 自分のやってきたことやこれからやりたいことを気合いと勢いで書き込みました. M教授に添削をお願いし, プロダクトの目的や技術的なところを指摘され再考します. 神様, 仏様, 教授様.
 飛行機と宿を取ります. 1週間前に予約して往復3万円で沖縄から東京に行けるんですね. LCCすごい.

11月26日~11月30日

 26日に2回目の面談がありました. プロフィールの内容・プレゼン・当日の流れの話をしました. この時点で発表資料は無です. 頭爆発しますね.
 逆求人の資料や先人の遺産(発表資料)を見ながら内容を考えます. 実はこの期間にはOSとコンパイラ情報理論の試験と科学技術文章の発表があり人生の終わりを感じていました. 金曜日の情報理論の試験後, 東京に飛びます. 宿までの電車はノーミスでした. 天才ですね.

12月1日(逆求人当日)

 朝, 髪の毛が芸術的な寝癖をしていました. 会場まで歩きながら質問を考えたり発声練習をしていました. 会場まではほぼ直線で行けて迷うことはなかったのですが, 建物がわからず会場の建物の前でパソコンを広げて場所を確認する不審者をしました.
 会場に入り座席表を見ると周りは全て大学生・大学院生で帰りたくなりました. 始まるまで, 同時開催されていた別の逆求人に参加していたきしもんと喋って心を落ち着けるなどしました.
 午前中は名刺交換会がありました. 昼食時間をはさみ, 午後は面談企業の発表後すぐ面談が始まりました. 午後6時ごろに終わり, きしもんとよさげなお店でチーズフォンデュを食べました. 最高でした.

12月2日

 有楽町駅から浜松町駅まで山手線一本で行けるはずなのに, 方向を間違える・降り過ごす・一本逃すなどのミスをしました. 早めに立てた予定の時間より早めに移動を始めていたため何の問題もありませんでした. 天才ですね.

よかったこと

  • いままで自分がやってきたことを振り返るきっかけになった
  • 企業の方にプレゼンして, プレゼンの抑揚・開発人数と期間はあった方がいい・システムの説明を短くして今後これがやりたいってことが何でやりたいのかを深くするとよさそうなどのフィードバックを頂いた
  • BtoB, BtoC, web系, ゲーム会社など一度に話を聞いて自分がどんなところに行きたいかの指標みたいなものを見つけることが出来た
  • 10ターム分全部, 企業と話せた(他の学生と練習するのがしんどそうだった)

よくなかったこと

  • これからどうなりたいかを抽象的なまま行ってしまった
  • スライドの発表練習をせずに参加した
  • プレゼン内容のバランスがやってきたことに偏っていた

反省
- これからどうなりたいかは今でも微妙な感じでよくない.
- スライドはパッと作って練習しながらブラッシュアップすればよかったかも.
- スライドも誰かにみてもらうのあり.

やってよかったこと

  • 飲み物をたくさん持っていった(500ml*3本)
  • 休憩中にぴょんぴょん跳ねたり体を伸ばしたりしてリラックスした

 数時間ずっとお喋りをするので飲み物ないと死ぬ. あっても喉は死んだけど.
 ぴょんぴょんするのなんか落ち着いた. パソコン甲子園のプレゼンの前にプレゼンターが奇行をしていた気持ちがわかった気がする.

こうだったらもっとよさそう

  • 早めに参加申し込みをする
  • カプセルホテルじゃないところに泊まれば声に出して練習出来るしその方がよさそう
  • みずきち先輩の記事を読む shimamiz-m.hatenadiary.jp

おわりに

この記事で何を伝えたかったんだろう...
まあ逆求人よかったよって気持ちです.

あしたは!(今日は12月9日なので)

デザイン力・動画編集力半端ないって。なisatakuくんの記事です.
彼が作ってくれたプロコン競技部門のチーム紹介動画とてもかっこよかったです. ありがとう.

isataku.hatenablog.com